FC2ブログ

2021-04

女に多いタイプ2

追記有り(1/12)


PANDORA時代からほぼ毎日人間について書いてきて
まだ書くことが沢山有ります。
本当なら毎日書いても良いのですが
書くことが多過ぎてどれから書いていいのか分からないので
却って記事に出来なくなっているのです。

ということで今回は
「女に多いタイプ」の第二弾。

こういう人、多いのではないですかね?


例えばこんなことを発言したとします。

私「高校でも大学でも、偏差値は高ければ高いほど良い」


するとそれを聞いた人、女としましょう、このように答えます。

女「でも性格が悪かったら台無しじゃないですか?」


この発言の何処が問題なのだと思う人も多いだろうなあw


これ、クイズにしますね。
明日の朝5時までに解答を送って下さい。
出題は「この女の発言が問題である理由」です。

この女の発言に問題なんか有りません、という方は
解答は送らないでね。
私はこの女の発言は問題だと思っているので此処で問題にしているのです。


参加する方は件名「女の問題発言」本文「理由/〒住所氏名」を書いて
明日の朝5時までにメール下さい。
解答の「理由」ですが、~~だから、という単純なものではなくて
或る程度の説明が必要です。
似たような正解が集まった場合は、最も良く説明されている解答を
最優秀とします。


最優秀は一名です。
その景品はまだ決めていませんが冊子代千円分になるかもしれない。


追記(1/12)

今回のクイズ参加者は18名でした。
冊子取ってない人も参加出来たのですが今回は無しでした。
遠慮しないで参加して下さい。
皆さんの解答を到着順に載せていきます




「この女の発言が問題である理由」偏差値について話しているのであって人間性の話をしているのではない。
論点がずれているから。



「偏差値が高ければ高いほど良い」という、
あくまでも客観的事実を述べているのみの
発言に対し、「でも性格が悪かったら台無し
じゃないか」と“性格”のことを持ち出し、
相手の発言に対して主観的な思いのみで返答を
しているから。



理由
偏差値が高い方が良いという話をしているのに、関連性のない性格の話をした上、関係ないところに難癖をつけているから。



女は話の主旨を理解していない。ここで言っていることは偏差値のことであるのに、女は性格の良し悪しを問題にしている。



私は偏差値について話しているのに女は性格の話をしている。
話がずれていることに気が付いていない。



ifさんの話はまだ終わってない可能性があるのに、最後まで聞かずに自分の考えを述べている所が問題。また、高校や大学の偏差値の高さと性格の悪さについて相関関係があるかのように話しているが、もしそうならばその根拠なりデータなりを示した上で持論を述べるのが良い。さらに、台無しとは何が台無しなのかなども示されていず感覚的にしか話していないことも問題である。



偏差値の話をしているのに、全く関係のない性格のことに論点をずらしてしまうこ
と。



いまここで話題にしているのは大学や高校の偏差値であって、その大学や高校に通う学生や生徒については全く触れていない。
にもかかわらず、この女は話題が学生や生徒についてだと勝手に思い込んだ上に、性格という全く関係のない基準を持ち込んできた。
何もわかっていないのに、わかったようなつもりで反論してくる態度が問題。



自分とは異なる他人の意見を認めようとしないところは我が強く、
一方で自分の意見は正しいと思っており、相手に押し付けるところ。


10
ifさんは学校の偏差値についてのみ発言している。
このifさんの発言だけだと、「偏差値は高いほど良い」というのは学校そのものが良いとも取れるし
、そこに属する人間(在校生、卒業生など)が良いとも取れる。
それに対して、女性はifさんが人間について話していると決めつけ、かつ、ifさんは偏差値についてしか語っていないということを理解していないために、性格という人間の別の要素を持ち出し返答したのだと推測する。
その推測が正しければ、この女性は相手の言葉を理解しないまま自分の思い付きだけで返答をしており、会話を成立できていないことが問題である。


11
私の発言を聞いて「偏差値が高ければ性格が悪くても良いと思っている」と無意識に受け取り自分勝手な解釈をし結果相手の発言の意図を汲む事なく自分(女)の思い付きを話しているから。


12
今話題にしているのは偏差値のことであり、性格のことは話題にしていない。
そもそも偏差値と性格を同列に語ることなど出来ないので、ここで性格を引き合いに出しても意味が無く、会話が成立していない。それに全く気付かず、会話をしている気になっているところがこの女の問題点。


13
理由:ifさんは学校について発言しているのに対し、女はそこに通う学生について答えている。これは論点がずれている。偏差値は元となったテスト結果から導き出された数値であって、学生の性格に影響されるものではない。偏差値の高低と学生の性格の良し悪しは全く別の問題であり、関係がない。このように混同して考えるのは思考が整理されていない。
以上が問題である。


14
偏差値の高さについての会話であり、偏差値が低い人のことは何も言っていない。
なのに、低偏差値の人間は悪いと言ってる!と相手を邪推してしまう性格の悪さと、
知能の高さと性格の良さは別の特徴であるのに、それを同じにしてしまう頭の悪さと、
この女は性格も頭も悪い、その自覚が無いこと。
それと、人の性格の良し悪しを一方的に判定する傲慢さに全く気が付いてない所が問題である。


15
今偏差値について語っているのに、関係無い要素である性格を混ぜて評価を下してる点が問題である。
そして要素を混ぜてる自分の方が、より深い考えで正しいと思っているのが問題である。


16
女はifさんの発言の主旨が偏差値の高い高校、大学の学生のことだと短絡して発言している。
ifさんの発言の主旨は高校、大学の偏差値についてであり偏差値の高い人についてではない。
女の短絡した発言によって発言の主旨が高校、大学の偏差値から偏差値の高い人にすり替わったので、このままではifさんの意図した話は続けられなくなった。
女の発言の問題とは先の発言の主旨を理解しようとせず短絡して先の発言者の主旨とは異なることを発言し、話の腰を折ったことだ。


17
ifさんは「偏差値が高い=良い」という話をしているのに
女は「偏差値が高い=性格が悪いとダメ」という話をしている。ここでは性格の良し悪しについては触れていないのだが女は話を理解した気になりズレた返答をしてしまった。原因は最低限の理解力と思考力がないことであるが一番の問題はそのことに女が全く気付いていない点である。


18
私の発言は偏差値が高いと何が(何に)良いのか言って無い。しかし女の発言は〈人間の出来具合〉についての発言と短絡して答えている。
例えば教員の質が良いとか、環境が良いとか、そういう事についての発言の場合がある。
〈人間の出来具合〉についての発言だった場合にも、その後に性格についての発言があるかもしれないので、即座に否定しては話が弾まない。


数字が大きい=良い解答
数字が青=優秀解答
数字が赤=最優秀解答

「論点がズレている」という意味の言葉が有れば「良し」としました。
「話の腰を折る」という表現も秀逸です。


しかし、偏差値が高校大学の偏差値のことであると限定したのは
不味かったです。
それは不明だからです。
其処に気づいたのは一人だけでした。
10番を最優秀とします。
12番は偏差値の件を学校とも人間とも限定していない上に書き方が巧いので
優秀解答としました。

この二名に冊子代千円差し上げます。


実は昨日問題出してから採点が面倒だな、と気づき
またミモリさんにさせればいいや♪なんて考えたのは浅はかでした。
今回の最優秀解答はミモリさんでした(~~;)
楽をしようなんて考えるのは良くないですねw


さて、こういう女は居ますね。
以前には此処に居ましたが今は居なくなりました。
多分異波長で離れて行ったのだと思います。
私はやり易くなり、ますます良い方に進んでいます。

「話の腰を折る」と表現した人、巧いです。
実にその通りです。
そしてそれをしても、本人は全く気付かないのでした。
これはかなり問題であります。
それを職場や友人関係で実行したらかなり不味いことになりますよね。
出来るなら自力で気づいた方がいいですね。
他人は他人に注意なんかしてくれません。
注意をしてもそれを妥当だ、その通りだと即座に理解はしませんから
誰もそんな面倒なだけで実りの少ないことなんかやりません。
親切をしても恨まれて終わるだけですから
わざわざそんなことはしません。
というわけで誰も他人に注意忠告は基本的にはしません。


自力で悟るしかないのです。
この記事を読んでいるあなたなら自力で悟れることでしょう。
まあ、最低限、話の腰を折る人とは
誰も会話はしたくなくなるでしょう。
スポンサーサイト



反乱法 «  | BLOG TOP |  » 26号

プロフィール

if

Author:if
この世界を
トンデモ視点で
解明していきます
≪老年期5段階王≫

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください★★冊子ORION'S GATEをまとめ売りしています(2020年4月現在180冊出ています)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード