FC2ブログ

2018-12

ジブリ愛

皆さんからジブリ愛を募集したら9名の方が応募してくれました。
以下にそのジブリ愛を、到着順に載せました。


「となりのトトロ」
幼児の頃はビデオテープがすりきれるまで観ていました(母談)。
平成生まれの私に、古き良き「心有る」時代の感覚を瑞々しい画の中で教えてくれた作品だから。
また、霊的な存在は実在することや、子供のような素直な心を持っていればそういった存在と心を通わせることも可能なのだということを教えてくれたから。


「ハウルの動く城」
街並みや建物、動く城の内部、ハウルの秘密の庭、すべてが私好みです。
特に、引っ越しで模様替えをした後の部屋が好きで、「ああいうインテリアに囲まれて暮らしたい。」と、見ていてうっとりします。
登場人物では、荒地の魔女(魔力を失った後の姿)が一番好きです。
あのたっぷたぷの頬を指でプニプニしたい。
介護してあげたい!(元介護職員の心の叫び)


「もののけ姫」
●理由
古代日本を模した世界観がとても好きだから。
おそらく自分には日本の神話時代くらいの古代に前世があるような気がしていて、だからかこの作品には思い入れがある。
作品に描かれているような祟り神などは古代の日本人の宗教観を表していて興味深い。
自然や神々と共に生きる者とそれを駆逐し新しい技術を進歩させる者がいて、その両者のバランスを取ろうとする者がいることが日本的だと感じる。
実際、古代にこんな風に国譲りとかあったのかもと思えるところに惹かれる。


「風の谷のナウシカ」
初めましてifさん。
娘の◎◎です。ジブリ愛ということで飛んで来ました。
今、語れることが嬉しすぎて大変興奮しています。
初めて書くので読みにくいかもしれませんが頑張らせていただきます。

さて私、ジブリの風の谷のナウシカが好きな1番の理由を紹介していこうと思います。
まあ全てが好きなんですけどね!

1.ナウシカが好きすぎる
あの優しく女性らしいまっすぐな瞳、オウムたちや村の子供たちを守ろうとする強い意志!
そして優しさ!あの母親のような人柄に惚れました。
例えば最初のシーンでナウシカがオウムの脱け殻を見つけたとき、
ナウシカは立派な脱け殻を賞賛してから、
オウムの目?の部分の殻を1つしかとりませんでした。
これを見た時、小さい頃は「村の皆も喜ぶんならせめて2個はとっていけばいいのに。
殻も重ねちゃえば、かさばらなくてすむのに。」と思っていました。
でも今は、違うんじゃないかと思っています。
ナウシカは、オウムの脱け殻を見つける前にもある植物をとっていました、少しだけ。
一部一部しかとらないんです。
人間以外にも生きている動物、虫、植物はたくさんいる。
人間が中心に生きてるわけじゃない、
たくさんの生きている者たちのなかの一部分にすぎないのだ。
虫たちも自分たちと同じように一生懸命生きている。
ナウシカはそういう生きる者たちに尊敬、尊重する気持ち、
心から対等に見る目を持っているから、そういう行動になるんだろうなと考えています。
そう思うと改めて尊敬するというか心ひかれるというか…惚れちゃいます。
まぁこれは考えすぎかもしれませんが( ̄∇ ̄;)
単に持ちきれなかっただけとかだったら笑ってください(^o^)/ー☆

あと、あの子どもオウムを男たち二人組から命懸けで守るシーンがすっごく好きです。
今も思い出しただけで何かが喉からこみ上げてきそうになります。
かっこよさすぎて苦しい…。
ナウシカのあの自分の子を守るかのような力強い目にのみこまれてしまいそうです。
そりゃお兄さんもあんな視線向けられちゃ撃てませんよね。
はぁ…惚れる…(それしか言ってない)。

あと一番最後のシーン!
ナウシカがオウムたちの手のなかで目を覚まし、
テトを肩にのせて麦畑のような黄金の光の上で歩くシーン!
ここが最高に好きです!!!!
思い出しただけで涙がでます(もう出ちゃってます(T^T)アアア)!
毎回「死んでなかった生きてたー!」っていう感動の嵐が巻き起こってきます。
この感動には慣れない…。この時のナウシカはとてもきれいでした…。
私も一度この目で拝みに行きたいです。
ナウシカが歩くその姿はまさに昔から伝えられていた光景とほとんど一緒ってね!
なぜか涙が出てしまう…。
本当にナウシカは中身が魅力的すぎて
もとから美しい外見がより一層美しくなっている感じがします。

つまり私は外見も中身も素敵すぎるナウシカが大好きなんです!!!!
うまく伝えることができたでしょうか?
実はこんなにナウシカが好きにも関わらずまだマンガの方が読めていません…。
悲しくて悔しいです。
今日やっとブックオフに行けたのにそこにもないし…(´;ω;`)
いつかはゲットします!私は負けないぞー!


「となりのトトロ」
【好きな理由】
幼い頃「となりのトトロ」が大好きで
何度も何度も観ていた。
自分もトトロに会えるんじゃないか、猫バスが
迎えに来てくれるんじゃないか、と想像して楽しんでいた。
幼い頃の良い記憶が思い出される、思い入れのあるジブリ映画だから。


「風の谷のナウシカ」
主人公が子供の頃、大人達に子供のオウムを連れて行かれるシーンがあったが、その場面のBGMが自分の中にある哀しみの感情に共鳴する。また、ナウシカは成長してからも子供の頃の感性を大切にし、多数の意見に流されることなく自分で考えたことを基にして行動している。私は子供の頃、アニメなどを見ていてなぜみんな主人公のようなかっこいい生き方をしないのだろう?と不思議でならなかったが、今は魂の戦に勝てる人は少ないからだとわかってきた。風の谷のナウシカは魂の戦に勝っている人はこんなに優しくてかっこいいのだと伝えてくれる作品だと思う。


「千と千尋の神隠し」
本来の自分を見失っては努力によって再び取り戻す千尋の姿が、現世社会でふと自分を見失った自分自身を見ているようで共感するため。
また、社会の表裏を凝縮しており、身近に感じるため。

です!


「風の谷のナウシカ」
土臭い退廃的な世界観、生態系、魅力的なキャラクター、機械、生物、何処を切り取っても素晴らしいとしか言いようがない。
メーヴェに憧れた人も多いのでは無いでは?
小さい時はただ単純に初めて見る世界に魅了されたのだが、大人になって原作漫画を読んで理解できるようになって更に好きになった。
特に最終巻7巻は手放せない。
今読んでも心が震えて涙が溢れる。
映画のは原作2巻までの内容だけども、続きも映像化して欲しいような、して欲しくないような微妙な気持ちである。
あのような神がかった作品はそうそう無い。なので私にとって特別な作品なのである。


「天空の城ラピュタ」
【好きな理由】
天空の城ラピュタが好きな理由は「宇宙」や「地球」、「自然」と「科学」など様々な要素から
「人間」のありかたを考えさせられつつも、
情としたたかさを持つ女海賊と頼りないけれど憎めない息子達など、楽しめるキャラクターもいて面白い。
そして、物語の軸として穢れなき少年バズーと少女シータが爽やかな気持ちへとさせてくれるところ。

物語の様々な魅力の要素として

①アトランティスを想像させる:天空の城ラピュタ
かつてアトランティスも高度な科学で繁栄していたが、人間の過ちで滅びてしまった。


いくら高度な科学が発達し、栄華を極めても、扱う者もそれ相当に生長しなければ
自らを滅ぼしてしまうものでしかない。

②いかなる存在にもなるモノ:ロボット
墓に花をそえ、小動物達からもなつかれているロボット。
メンテナンスをされない体で、亡き主に花を添える姿は忠犬のように健気。
しかし命令次第で恐ろしい兵器や兵隊にもなる。
どちらも、人間からの指示に忠実に動いているだけで、ロボット自体が恐ろしい存在というわけではない。
作ったり命令したりする人間側がどう考えているかだけ。
個人的に墓に花を添えるロボットがお気に入り。

③強さ:女海賊ドーラ
母の強さ、守りたいものへの強さ、潔さ、度胸、したたかさ。
ドーラは若い時、男性にモテただろな~とw

④淡い恋:シータとバズー
少年と少女の友情と信頼と淡い恋。
穢れがないこの二人を見て多くの大人は少年と少女の時代に戻り、子供達は自分に重ね見ていたと思う。
爽やかで清々しい気分なれたのではないか。

⑤科学と自然のバランス:ラピュタ
この城は一見とても美しいが、上側には美しい自然、下側には兵器も含まれた科学がある。
科学が進化すればするほど、必ず問題となってくる科学と自然のバランス。
個人的に病に必要なものは、元々この地球上に全てあると思っている。
科学的な医療や薬を作らずとも、全ては既に地球上あるのだと。
そんな地上から離れたままで暮らした場合、どこまで健康で健全でいられるか。
結局、離れたままではバランスが保てないことを悟り、ラピュタを離れ大地へと戻り無人の城となったと。

⑥宇宙を思わせる石:飛行石
この石の力を見た時、宇宙から来た石なのでは?と思った。
物語の最後、飛行石は樹の部分と共に空高くいってしまう。
扱える者がいないこの石は、本来あるべき宇宙に戻っていくのかなと思った。

更に曲もいいし、最後、「天空の城ラピュタ」のモデルとなった城がある古い街並みが残っている
ウェールズ地方を思わせるようなのどかな感じもよく、ジブリアニメで一番好きです。


この中で最もジブリ愛が強かった人に景品を贈ります。
スポンサーサイト

八咫鏡 «  | BLOG TOP |  » 学者魂の人より

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(62円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード