2017-07

訳アリ商品

半年ほど前だと思うがヤフオクで訳アリ商品を落札しました。
それはチーズケーキでした。
工場から「形が悪くなったりしたものを」訳アリということで
とても安く出品していたのと、人気が有ったし、評判(評価)も良いので
試しに落札してみたら・・・


届いた商品を見て驚きました。

コレ、訳アリ言うこと違う。

ハッキリ言ってこれはチーズケーキとは呼ばない。
何だろう?
パンか?
そういえばチーズの味がかすかにする気がする
ボッソボソの不味いパンでした( ゚Д゚)


私の感覚と定義ではこれはチーズケーキでは無いのですが
出品者は自信タップリに「チーズケーキ」であると
いうことで出品しているのです。



これはお互いの感覚と定義の違いから来る齟齬であります。

出品者=これはカタチが崩れただけのチーズケーキでお買い得です
落札者=これはチーズケーキでは無い

このように、お互いの感覚と定義が違う、ズレているということは
往々にして有り珍しいことでは有りません。
この時にもし私が自分の感覚と定義を
世の中一般に通用するものだと勝手に設定して
出品者に
「悪い出品者です」
「これはチーズケーキでは無い」
と、評価することも出来るが、それはしません。
だって、出品者は本気で、このような代物を
チーズケーキであると定義しているからです。

ここで感覚や定義の違いで出品者と争うのは不毛です。
だって感覚って変えられますか?
それは無理ですよね?
そして自分の感覚だけが正しいですかね。
そりゃこの件に関して言えば明らかにこれはチーズケーキでは無いが
出品者はこれを「チーズケーキである」と感じ、定義をしているのです。


だったら、それを認めてあげるしかないのではないか?


こういうことは往々にしてあり、人は皆感覚と定義が違うので
齟齬が生じる。
その時にあくまでも
自分の感覚と定義だけが正しい
と主張すればそれは我を張ったことになる。


世の中の善人の殆どがそれをやるので
実に始末に悪いのです。
善人は相手の感覚と定義を認めません。
何故なら自分の後ろには「善」という大正義が付いていると
思っているからです。


まずはそこに気付けや、と思います。


いや~~~それにしてもこのチーズケーキには驚きました。
30個くらい買っちゃたので配る(証拠隠滅)のが大変でした。
こういうとき私は大抵、相手の感覚の不味さとか思考力の低さとかを
責めることはせず、もっぱら、「自分の詰めの甘さ」を痛感して
終わります。


そしてなかなか懲りないのでこういうことをしょっちゅうやっているのでした。
スポンサーサイト

夕陽のガンマン «  | BLOG TOP |  » 「フロム・ヘル」

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード