2017-09

「賢者」はユニーク

魂の年齢という考え方の中に「魂の役割」というのが有ります。
その中の「賢者」について。

賢者と言っても別に「賢い」とか「頭が良い」という意味は有りません。
全ての役割に「馬鹿から利口」まで居ます。
私から見たらそう見えます。

賢者は頭が良いということではなくて
発想がユニークなので面白い、という話。


例を挙げますと・・・

私の母が賢者だったが、頭も良いがそれ以上に
ユニークで面白かったです。
その孫娘である、私の娘が賢者でして
面白いことを言うのです。

造語も巧くて
謎い=謎である状態を示す形容詞。
気違(ちが)ってる=間違っている、のさらにその上(の重篤な状態)
ノーボル賞=小学生の時にノボルという名前の担任が
         良い態度や良い解答をした児童に
         手作りの賞状を配っていた。そこに「○○賞/ノボル君より」
         と書いていたがそれを娘が「ノーボル賞にしたらいい」と指摘して
         担任を驚かせた。
耽美服=燕尾服ではなくて耽美服。耽美な服のこと。
       フリルが沢山付いた、おばさんが着るようなデコラティブな服のこと。
以上は全て子供時代にしたことです。


これ以外にもショートショート(極限までに短い小説)を作り
最後がドンデン返しで私も驚いたり
中学校の課題をミステリー風に仕上げて、職員室で職員に
回し読みされたりと凄い才能を発揮していましたが
別に作家になったわけでは無し。
老年期なので才能を発揮したいとは思わないレベルのため
だと思うが、そういうのを勿体ないと思うかもしれないが
本人がそれで良いなら良いさ、と思う私も
老年期魂w



とにかく賢者魂の人は視点や切り口がひとと違うので面白いです。


ついでに「職人魂」の人も賢者魂と似たような感じで
賢者ほど鋭くはないし適当で責任感が乏しいが
面白いことを言うので毎日笑わせてもらっています。
もう一人の娘が「職人」で、突っ込みが巧い。
スポンサーサイト

人形好きと前世 «  | BLOG TOP |  » ダイス他

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード