2017-08

転生の法則

転生は過去から未来へ転生するだけでなく
未来から過去に転生することがあります。
というか、その方が多いかもしれない。
まだそれについては調べていませんが
モンロー研究所のモンロー氏が最初に地球に生まれたのは
つまり転生を開始したのは現代アメリカだそうです。

私は転生の最初は「現在」だと思います。

それから歴史上で有名な人物の場合に多いのですが
一人の人間の一生を複数の魂がリレーのように担当するようです。
だから「途中で人が変わったようだった」とかいう
証言のようなものが歴史に残っていたりします。

実際に魂がその人物の身体に入って人生を体験する人生と
アカシック・レコードから人物の情報を自分にダウンロードする人生が有ります。
実際に人生を体験する人生を「体積体験」(体積体験の有る前世)といい、
情報だけを自分に取り込むのを「ダウンロード前世(人生)」と言います。

その人物が大好きで、その人物の人生を体積体験したいと思っても
好きだとか詳しいとかでは体験は出来ない、つまり
その人物の人生の一部(でも)体験出来ません。
ダウンロード人生の方も同様です。
好き嫌いではなく、その人物の人生を担えるか
担う必要が有るか、で決まるのではないか。
これもまだ詳しくは調べていませんが。

自分の前世が誰だったのかは、大抵の人は忘れていますが
それでも自分の好みや性格、縁の有る土地、行ったことが有る土地
その他様々なサインから調べることが出来ます。
大抵思ってもみなかった意外な人物ですが
その人物が自分の前世であると分ると
(そういえば)という感じで思い当たるフシがあり納得します。

人間は様々な国や時代に転生しているので、それを知れば
どこの国が悪いとか恨みが有るとか、そういうことは
意味が無くなります。
全ては体験するためだし、自分の魂を大きくさせるとか
進歩させるためであります。

従って黒人を差別する白人・・・なんてのは転生の法則を知らないからですが
そういう人達は転生が有ることを知らないか、知っていても信じないか
半信半疑か・・・です。特にキリスト教では転生を認めてないらしく
人は死んだらあの世へ逝き、復活の日を待つだけ・・・という
洗脳が効いているのでかなり不味い状況に有ります。
宗教は新たな情報が自分に入って来ることを邪魔しますから
多分悪魔・・・レプティリアンか何かが発明したものでしょう。
或は「良かれ」と思って始めたが、最初の人の意図を汲めない連中が
自分達の分る範囲内の波動に堕としたものと思われます。
だからそのうち宗教は無くなるそうですが(今、その兆候は有りますが)
それは人類が大きく二つ(か三つ)に分れていき(既に分れているそうだ)
宗教から脱した人達が進んで行く未来での結果だと思います。

地球の中での常識に囚われているとずっと地球に縛られることになる。
太陽系内までに自分の魂を進化させることが求められます。
さらに太陽系を脱することもやれる人はやったら良いと思う。
意識の上で脱するんですけどね。

これらのことは魂の年齢に関わらず、ただ意識を変えれば良いので
誰でも出来ます。
心の底から、人種差別が意味が無いとか、見掛け上の悲惨なことが
実は必然であるとか、誰かを悪者にしてはいけないとか
見掛け上の悪に囚われるな、とか(戦争とか、虐殺とか、事件事故など)
程度の低い「善」とか低次元の「良いこと」に囚われるな、とか
この世の常識に囚われるなとか(学歴とか有名人とか無名とか金持ちとか)
こういうものに囚われなくなれば、多分意識は地球から脱して
太陽系とか太陽系外にまで行けます。

意識が太陽系外に出たとしても、見た目は何も変わりがなく
普通の人間です。
特殊なことが何一つ無いのです。
それでは「出たことが信じられない」とか思うかもしれませんが
奇跡が無いのが奇跡でして、見掛けでは何も変わらないし
分らないものだ、と書いておきます。


以上、転生他について、今までに分ったことをメモとして書いておきました。
まだ調べることが沢山有りますが、皆でやっていこうと思います。
以上のことはロッド鑑定で分りましたが、質問することが最も
難しく、ロッドをやらない人が質問したりヒントを出したりして
それをロッドする人が調べて来ました。
一人でこれらのことをするのは非常に困難ですから
メンバーが沢山居て良かった、と思います。
スポンサーサイト

小さい人間 «  | BLOG TOP |  » 返り討ち

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード