2017-06

良い人は傲慢

あやにゃんさんの処で良い記事を発見しました。
10年経って、自分が傲慢だったことに気づいたという話。
あやにゃんさんは気付いたので、この件では傲慢では無くなった、
という話です。
http://lulu040626.blog.fc2.com/blog-entry-895.html
他の、気づかない面では多分やらかしています。

と言っても、あやにゃんさんだけでなく
実は「善人」の殆どがこれ(無意識の傲慢)やらかしているのです。


もう10年も前にPANDORAに書いた記事ですが、また書きますね。

関西の人の体験談です。
その人は当時20代でお子さんが一人。
ウツ病でした。
ウツ病の人はほぼ、思考力が乏しいのですが、この人もそうでした。


この人が住んでいる町に公園があり、そこにホームレスが居た。
夜はそこで寝ているのか分りませんが、とにかく
昼間はその公園に居ます。
多分、水飲み場があり、トイレが有り、木陰やベンチがあるからかな?

その人はそのホームレスを
可哀想
に思ってお子さんと一緒に何か上げたそうです。
その後、今度はそのホームレスが
その人のお子さんにパンか何かをあげようと思って手渡したら
その人は慌てて固辞したそうです。
するとそのホームレスはとても怒ったそうです。





そりゃそうだろう。





だから~
そういうこと(全体、仕組み、他人の心)が分らない癖に
善いこと
をしようとするんだよね~、モノが分らない人って。
相似象には「徳、二、三なら動いて凶ならざる無し」とあり
これは古代中国の賢者の言葉ですが
モノが分らない人が行動すれば、結果は良いものでは無い
というほどの意味です。




こういう
善いこと
をする人の心根は良く無いです。
当人の意識としては良いのだろうが、その結果は
良くなかったんだから、良く無いですわ。


この人はその後、反省して、自分の何が悪かったのかを
分ったそうで、この件に関してのみ、一つ悟ったわけです。


ということをやり続けながら生きるのが良いですね。
そしてこの、悟る事柄は今のことだけでなく
昔のことでも、OKです。
昔の体験を今悟れば良い。


お金を掛けずに時間を掛けて
ゆっくり悟っていくしか有りません。
スポンサーサイト

解答編送信 «  | BLOG TOP |  » 霊統ほか

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード