2017-05

同級生の話

嫌いなものが有ります。
敢て言う必要は無いのですが
書いておこうと思います。



宝塚歌劇団





馬鹿みたい(侮





大昔のこと。
私がまだ小学生だった頃、これが好きな同級生が居て
もう一人の同級生の家で、この番組を見たが
女の人が水着のようなものを着てだちょうの羽根のようなものを
お尻につけて、濃い化粧で歌っていたので呆れた。
友人は狂喜乱舞、興奮していて
それを見るとさらに私は意気消沈しました。



まあねえ・・・
その子はそれが好きなんだから良いですよ。
でも私は好きでは無い。


その後お互いに成長して高校生になりました。
この友人は小学校時代から精神が殆ど進歩しなかったようで
今度は「自習時間」だか「「自由に視聴覚室で好きな音楽を聴いて良い」と
いう時間が1時間与えられた時に、今度は
「プレスリーが好きだ」と言い出し、自分の好みの音楽(プレスリー)を皆に
聴かせて、また狂喜乱舞して興奮していた。
(本当に生長しない奴)


私でも呆れたのだから、他のもっと賢くて心有る同級生は
さぞかし呆れたことでしょう。
あ、プレスリーは嫌いでは無いが、
全く興味有りません。


今思うとこの友人は精神が子供だったのだと思う。
小学生時代は身体の発育が良くて(早くて)
兄が二人居たので、言動と行動は大人びていたが
それは兄の真似をしていただけで(きょうだいの下の方は物まねが巧い)
生長が早いように「見えただけ」だったのです。

小学校時代はそれでも良かったが(だって同級生は皆阿呆)
中学時代も目立っていたがだんだん陰りが出始め(同級生からの人気がね)
高校時代になったらすっかり、「何?アレ」状態になった。
かつての人気者は全く人気者では無くなり、相手をする人は
殆ど居なくなったのではないか?


この人は多分魂年齢が低かったのでしょう。
私は魂年齢が高いようだが、子供時代は思いっきりガキでした。
上に兄弟が居ないので、そうなりますね。
下の方は上の子の真似をしているだけですがね。

このように魂年齢は遅い早いは有るが、徐々に発現する。
人生の或る時期になり、本来の魂年齢に到達した時に
本当の自分の精神、心、実力、感じ方が出るのだと思う。
今、研究中ですが。


「大器晩成」という言葉は魂年齢のことを言っているのだと思う。
昔の人がそれを感受して、悟って言った(書いた)言葉です。
私は魂が老年期だそうで、自分の魂年齢の実力がやっとここ数年で
出て来た所だと感じています。
スポンサーサイト

暗殺? «  | BLOG TOP |  » 全てヤラセ

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード