2017-09

ブーメラン

カルマとも言うがネットの世界では
ブーメランと呼ばれているようです。


友人が勤めている老人相手の施設(公共施設)の長は
どこかの公務員を定年退職した爺いがやることになっています。
勤めても数年で辞めてしまうそうで、これも天下りですね。
ロクな者が居ないそうです。
無能で、ただ事務所に居るだけの爺さんです。

無能な爺いであろうと、施設職員のために
真面目に一生懸命やっているならまだ良いが
何かを勘違いしているようです。
例えば老人があまりにも我儘でどうしようも無いこともあって
入った職員は居着かずに辞めてしまう。
長年勤めている職員は、何を見ても聴いても
引っ掛かりを作らないようにしている。
自分の身の安全だけを願っている。

長も同様で自分の身の安全だけしか考えない。
職員間の不都合も知らないし、知ってても解決出来ない。
職員が足りないのだから自分も働かないとても手が足りないのだが
(これも長が無能なので常に職員が足りないわけ)
仕事は平気で増やす。
例えば庭の木の枝を伐るなんて仕事を、忙しい職員にさせて
自分では
「ボクにはそういう仕事は合わないから」と言って一切しない。


職員の苦労は見てないし、見てても何もしない・・・ということを
数年間やって来たら、凄いことになりました。

一人の職員が、その施設を管理運営している
自治体に訴えたのです。
「私はこの長が居る限り、仕事をしない」と。
それを聞いた自治体は慌てて、どういうことか?とこの長を
呼び出して注意をしたらしい。

一職員の訴えだけを聴いた自治体もおかしいのですが
そもそも、この長が「自分の職場で働いている職員の訴えに
耳を貸さなかった」ので、今度は自分が
「自治体に訴えても耳を貸してもらえない」という、
まさにカルマが返って来たわけです。

この長は自治体から注意されて
カンカンに怒ったそうですが、さぞかし頭と心と身体に悪かった
ことだろうと推察します。
(ざまあ!)

ここでこの長に最低限の思考力が有れば
(ああ、これは俺が常日頃、自分の処の職員に対して
やって来たことだ)と悟ったことでしょうが
普通の人はそういう考え方をしませんから
ひたすら、不愉快で苦痛で苦悩を味わい
自治体に直訴した職員を呪っているのです。


ひとを呪えば自分が不味いことになります。
ましてや、今回のことは元はと言えば己の無能が招いたもの。
そこで(ああ、俺が無能だったからだ)と、分れば良いが
そんなこと、これから先何十回も転生しないと分らないのではないか。
自分が退職するまでの一か月半、この長は不愉快で不愉快で仕方ない
職場に通勤しなくてはならない。
それは自分の部下たちが数年間、不愉快だったことを
今、自分がまとめて体験しているのです。


1不愉快×職員15人×数年間=不愉快の総量


その不愉快の総量分を自分は一か月半で味合わなくてはならない。
だって、これって作用に対する反作用だから。
物理だから。


という話を聴いて私は
「そりゃあ見ものだ。ぜひ観察続行しておくれ」と友人に頼みました。



それからこれは皆に当てはまることなのですが
自分が良かれと思っていても、それは良く無いってことが
大半です。
モノを知らない、思考力の乏しい人ほど、己を顧みることが出来ないので
どんなにヒドいこと、低次元のこと、阿呆なことであっても
それを無意識に「良い」と思っているものです。
それを「悪なのだ」と気付き分ることが求められるのに、それが
出来る人は殆どいません。
日月神示に「悪を抱け」と何度も出て来るのは、こういうことも含んでいます。
(これだけでは有りません)



「悪のやり方九分九厘でぐれんぞ」



と日月神示には有る。
その場合の悪とは犯罪でも無いし、悪意を持ってすることだけでは無い。
むしろそれをすることを「良い」と思ってやったことの中に
「悪」が有るのです。
これに気づかない限りは、自分としては
普通だし、当たり前だし、むしろ良いことであると思っているのです。
まさかそれが「悪」とは思わない、ここらへんが最も問題であり
多くの人が陥っていることなのです。


だからそういう人(この施設の爺いとか)は可哀想っちゃあ可哀想だが
当然のことに気づかないという落ち度に対して
ぐれん
が来たなあ、と思いしか有りません。



五十過ぎたら、自分の今までの人生で他人を観察した結果
何も知らない分らないで生きて来た人間がどうなるか、
分っていなくてはならないと、私は思う。
それを怠った報いがコレ(自治体から叱られる)です。
無知ではいけないということです。
スポンサーサイト

俯瞰について/Mさん «  | BLOG TOP |  » ガン保険

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード