2017-11

内戦

追記有り(1/15)


「日本と世界と・・・」の記事
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000863.html
これによると※国で内戦が始まるそうだが・・・

「ユニバーサルロー通信」では数年前に「※国で内戦が起こる」と
たしか書いてあった。
私はこのサイトの記事を信頼しているので
(ちっとも内戦が起こらないじゃん)と思っていたのです。


いえ。


内戦が起こって欲しいわけでは有りません。



ここの記事が当たってるのか当たって無いのか知りたいだけです。


ここか
http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/sakuryaku.html
ここに、その情報(※国内戦)が有ったような。。。
http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/univasal9.html


追記(1/15)

Kさんが教えてくれました。


ifさんが言う内戦に関して
特に当てはまりそうな部分をコピペして、
赤字で強調してみました。(こういうのが好きな私はやはり「学者」の役割が
あると言えますw)ざっと読んだだけでも「金・戦争・支配」がほとんどの項目を
占めています。まるで映画のシナリオみたいに世界の動向がやり取りされているように
感じました。


<シリウスからのメッセージ>より

21,mar,2009
米国民の不満が増大し、ペンタゴン内でも反乱が起きています。
今後、革命のようなことが起きるでしょう。


17,dec,2009
米国のFRB連邦準備制度理事会が倒産し、独立運動のために米軍で内乱が起こります。


2010年8月6日
米国の多くの人々の意識が変わり、この国は何か変だと思うようになり、
真実を知るようになりました。
革命に近いことが起こります。

平成24年3月4日
米国政府内で内部分裂が起こります。

平成24年3月5日
米軍に反乱が起こります。


平成24年10月18日
米軍の内部で反乱が起こります。
(数年前、実際にクーデターのようなことが起きているそうだ)

<世界支配層の策略>より


★2010年1月4日薮中次官、石破元防衛大臣が訪米し話したこととは、
米国で内乱が起こる可能性があるので、
米軍を米国内に集中させるので、
日本からも米軍の1部を撤退させたい、ということを要請した。


★2010年1月12日、ハワイでの岡田外相と
クリントン国務長官の会談で話されたこととは、
米国内で紛争が起こる可能性があるので、
自衛隊も協力して欲しいということ。


★2010年の予測
ユーロが下落する。その後、米国ドルが下落する。米国内で動乱が起こる。


2012年の予測
欧米の崩壊。


★2012年10月29日ハリケーンサンディ上陸で
NYにFEMA緊急事態宣言がでたのは、
今後内紛が起きたときのためのリハーサル。


★2013年4月5日、ルース駐日大使と安倍総理が会談で話したこととは、
米国は軍と政府が内部分裂していてこれから大変な状況になる。


★2013年9月4日,英国のキャメロン首相と安倍総理大臣が,
日英首脳電話会談で話したこととは、
米国は崩壊の危機にあるということ。


2014年
☆米国の内紛



★2014年4月6日、小野寺防衛大臣は
アメリカのヘーゲル国防長官と会談して話したこととは、
米国が内戦の為の軍事費を貸してほしい。


2015年
米国は、移民救済策をしつつ、裏で国境などの軍を強化し、内戦に備えている。
米国でのデモが増え、混乱が起こる。



さすが「学者魂」w

ところでやはり※国には内戦の可能性が有るようです。
上の予知(ダウジングによる鑑定)によれば
例えば

17,dec,2009
米国のFRB連邦準備制度理事会が倒産し、独立運動のために米軍で内乱が起こります。

は2009年ですが、今は2017年。
これって現実が予想より遅れていると考えて良いのでしょうか?
或は予想が間違っていたのでしょうか?
ロッドで鑑定してもらいましょう。


スポンサーサイト

指輪の波動 «  | BLOG TOP |  » ナ石卜一ル

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(62円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード