2017-07

カルマ

去年の後半、冬になってからネットで見たのですが
カルマについて、宇宙人だか高次元の存在だかが
語った文章を見ました。
ウロ覚えですがそこにはこんなことが書いてあった。


「カルマと聞くと、自分が払うカルマを思って怖くなる人が居るでしょうが
 云々かんぬん・・・」




う~~む・・・
たしかに、それも有る。
しかしそれが一番では無い、と私は思う。

カルマってのは別に罰では無くて自分が出した想念や行動の結果が
自分に返って来るだけのものだと思っています。
単なる物理現象だと思っています。
それを宗教がかった目で見れば
「悪い行いには罰が当たる」ように見える。
解釈によってどのようにでも、ひとの目には映る。

カルマと聞いて真っ先に「自分が受けるかもしれない、カルマの罰」を
思い浮かべる人も居るでしょう。
そのことが本人を怯えさせる場合もあるでしょう。
そういう人はそういう精神の世界に生きているんですね。
それで良いと思う。


私がブログや冊子で延々とカルマについて書いているのは
自分の感情を悪化させないため、意識レベルを落とさないためです。
世の中を見てみれば
上の連中は「選挙をやればやるほど選ばれるのは馬鹿かキチガイ」
という
神示の言葉通りになっているし
下を見れば「面識の無い赤の他人の頭をバットで殴る」とか
「駅のホームから突き落とす」とか「刃物を持って他人の家に押し入る」とか
分けの分らない理不尽な事件があります。
増えているという意見もあります。



こういうのを見て(自分は大丈夫だろうか!)と、
真っ先に自分のことが不安になる人は勿論いるだろうから
上の宇宙人だかの言葉はこういう人には有効です。
(宇宙人は不安な人から不安を取り去ってくれるかもしれない)



しかしそういう風には考えない人も居て
私などは「何故それが起きたか」を真っ先に考えます。
日月神示に
「この世界で起こることは全て神が許可した」
という意味の言葉がある。
一見理不尽なことでもそれは「神がそれを許した」のです。




やってよし



なので有ります。


何故、それをやって良しなのか。
何故、そんなものが有るのか。


どんなに理不尽なことであろうと、それはこの世界に存在を許されているわけで
それが大前提です。
この大前提が覆れば、論理は破綻しますが、ここではこの大前提が
有効である、ということで考えを進めています。
(日月神は自分で「この神示も疑え」と言ってます。
  目に見える範囲内では神示は当たっていると思う。
  冒頭の「選挙をやればやるほど選ばれるのは馬鹿かキチガイ」などは
  最も分り易い事例)




世の中で起こる理不尽な事件もそれがカルマの返済なのだと思えば
不必要に感情を動かすことも無駄な思考をすることも減るので
私はカルマという考え方を知って良かったと思っています。

人は皆感覚が違うので、そういうことを知っても
相変わらず非道なことや不法なことに対して悲憤慷慨する人は居るだろうが
それ、自分の身体と精神に悪いですよ。

「おまえは自分さえ健康ならそれでいいのかっ」とか
精神の幼稚な人は思うだろうが、それでもいいです。
そういう人は魂年齢が若くて、それを越える概念を持てないだけなので
こちらとしてはやりようが無いからです。
(魂の年齢という考え方も、精神の健康には非常に有効。知って良かった)


地球という場所が異波長の人間が集まった場所
つまり「ヂゴク」ですから、そこで悲憤慷慨、欣喜雀躍、得意満面から失意のどん底へと
目まぐるしく感情を動かすが、それを体験するために
地球に生まれて来ているという面も有るので
感情を動かすことは悪いことでは有りません。
そして一生の間、感情を極端に動かし続けてもいいし
途中で「そこ」(そのレベル)から抜け出してもいいし
自分の好きにすれば良いと思います。


私は偶々、怒らないで済む道を探して、それを選んだだけです。


思いつくまま書いているので全然まとまっていませんが(笑)
そういうわけで、私にとってカルマという考え方は
自分がこれから受けるカルマについて恐れおののくのではなく
世の中の理不尽に対して腹を立てずに済む方法のひとつである、ということ。
これを言いたかった。

他人の体たらく(犯罪も含む)に対して
正義感から怒るのは一見良いけど、怒りは自分の体内に毒素を作るわけだから
良いことをした結果が悪い
ということになります。
毎日毒素を作って生きれば病気になります。
ガンなんてのは毎日出来る毒素が身体中に拡散しないよう
本人の弱い所(これが所謂、その人の思い癖に対応する箇所だろう)に
溜め込むわけです。
本人を生かすために。
だからそれを切り取るってのがいかにおかしなことか分る。


まあ、ガンの話は置いといて。
なかなか話が進みませんね、カルマの話でした。


ロッド鑑定師に依頼しておいた結果が来ました。
口ヒン‡”ャの件です。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/11/post-4070.php
彼らが何故あのような状態にあるのか、その理由が分りました。
それから今、この日本に生きている日本人でも
死後は上記の民族に転生しそうな人が居るようです。
それには理由が有ります。

その日本人の連中・・・まだ未成年ではないかと思うが
数年前に日本中の心有る大人から批判されたが
刑務所に入れられたわけでもなく、普通に生きているようだ。
「今の法律このほう(自分のこと、つまり神のこと)嫌いざ」
と神が言ってますが
今の日本の法律はヒドい。
作った連中の波動が低すぎたからだろう。
今の法律ではその未成年の連中を処罰出来ないが
天網恢恢疎にして漏らさずでして、これなら法律で処罰された方が
ずっと良かった的な?結果になるのです。

たしかに口ヒン‡”ャを見ると気の毒ですが
そうなる理由も有ることもたしかです。
一見、とても理不尽ですが、それは「人間知」から見るからで
全ては辻褄が合っているらしい。


で、カルマという考え方を知ると、一見理不尽な目に遭っている人
に対して「それは前世のカルマなんだから、仕方ないんだよ」と思うまではいいが
「ざまあみろ」とか「もっとヒドい目に遭え」とか
こういう感じ方、考え方も不味いわけで
カルマの概念を知っても上のように考えない人のみが
カルマの概念を知って良いと思う。
生半可に知ると自分の精神と魂に悪い。


何事も「それを知るに相応しいレベル」というものが存在します。
(例えばメールでのやり取り、SNS、LINEなどは
  それをやるに相応しい最低限の知識や波動が無いと不味いことになる)
(例えばガンは切ってはいけないという考え方を仕入れても
  波動がそれに達してないと、もし切らなかったとしたら、怖くなって
  ガンが悪化するとか、こういうことは無数にあります)

カルマという考え方も、それを知るに相応しいレベルが有るので
大っぴらには語れない面があるのです。
ブログなどにこういうことを書くのも不味いが
今は、皆さんへのサービスで書いています。

私などは口ヒン‡”ャの真相を知ったら納得しました。
ざまあみろとも思わないし必要以上に気の毒にも思わない。
一応気の毒だな、とは思う。
今日本で生きている未成年の連中が転生後は多分
口ヒン‡”ャだそうなので、これも納得をしました。


全てはなるようになる


わけで、表面だけ見て一喜一憂しなくなります。
その未成年連中に対しては数年前に
とても腹が立ったし逮捕されるべきだと思ったが
逮捕されても長い一生のうちたった数年間しか自由を奪われないわけですよ。
出てくれば何事も無かったように生きられるわけです。
しかし上記の民族に生まれたら「たった数年間の苦労や忍耐」というわけにはいかないし
日本の●●所なら、身の安全は確保されるし、三食食えるし、凍え死ぬことも無いし
天国ですわね。



そういう天国にすら、行けない連中なのだ


と分ったので腹は立ちません。
憎しみも侮蔑も同情心も何も感じない。
彼らには自分の使命(今世や来世でカルマを返済すること)を
果たして欲しいと思うだけ。
スポンサーサイト

ORION88 «  | BLOG TOP |  » どんど焼き

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード