2017-03

某長男一家の件

Tさんから。

Tと申します。
今日のぐれんを読んで
何年か前に友達から、やんごとなきお家の話を聞いたのを思い出しました。
嫁が診察してもらっていた産婦人科医は
日本での男女産み分けの権威だったのに女が産まれてしまい大失敗
そして見る人が見れば産まれた子供の表情は
障害を持っているのがわかるそうです。
その後その先生はお金の問題で失脚したみたいです。

この噂とは関係ないですが
たまに見るサイトです。
http://maruga935.blog8.fc2.com/


(どうしても)男子が欲しくて
わざわざその道の権威に産み分けしてもらったら
大失敗
なんてのは、その権威の人には相当なぐれんだったことでしょう。
笑いを禁じ得ません。

日月神示に
「学や知でやれるものならやりてみよれ」
という言葉が有ります。
人間の頭の先の理屈と情報ではどもならん、という意味です。
その典型の事例ですね。

どうしてこうなるのか、こんな思考回路になるのか、その一部を
考えてみました。
学や知で分ることは、例えば地球の全部の海のほんのコップ一杯の
海水を汲んだ程度ではないかと思うんです。
そのコップの中に於いては、それは「正しい」が
しかし海全体のことは知らない、把握出来ないことと同じです。
上記のようなことを分らない人、
コップ一杯の海水しか知らないのに全ての海を知った気になる人って
多分、とても「良い人」だろうが、無知です。
無知だけなら罪は無いが、それによって、結果的に
「産み分けなら俺に任せてくれ」ということで
鼻が高くなり、権威になり、俺様が一番・・・とか、様々な
劣悪な感情と思考が湧いて来る・・・こういう思考回路って
心(波動量)が有れば防げますが、
一番になって嬉しい、得意だ、自慢だ、
という人って若年期(成人期1期まで)ではないかと思います。

これは私の思い付きであり意見です。


人間、悪いことをしようと思ってする場合ならまだ良いが
上記のように「良いことをしようとして」そのために
意識が悪化してしまうことが普通に有り、それを自力で防ぐのは容易では無い。
自覚が出来ないからです。
せめて自分が良いことをする時に(これ、悪くないだろうか)と考える癖を
付けた方が良い。少しは防げます。


さて、某一家について冊子についてちょっと書いた処
ロッド鑑定師は特にネットの情報を基にしてはいなかったようですが
鋭い質問をしていました。
それを読んだ方から昨日から情報が沢山来まして
私はこれらのことに関してはほんの少ししか知らなかったので
驚き呆れています。

日月神示にも「本物のてんしさま」とか言う記述があり
それが今の硬質なのか違うのか、良く分らないで二十年以上過ごして
来ましたが、硬質のことだったかもしれない。
神示を読み込んだ人は分るかもしれない。
私は例によって1~2回ざっと読んだだけなので細かい処は分りません。
こういう処にも適当な性格が出ちゃいますね~(反省しろっ)


まあ、硬質については引き続きロッドで調べようと思いますが
こちらでは主に霊的な背景や作用についてを調べたいと思います。
表に出て来る部分は硬質ウオッチャーのブログ主の方に任せようと思います。
スポンサーサイト

「●●の無い仕事をしてはいけない」 «  | BLOG TOP |  » 天が・・・

プロフィール

CURRENT MOON

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★★★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★★★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★★★★支払は絵と同様、金券、切手などOKです■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード