2017-10

カルマを背負う人

追記有り(10/24)

今から20年以上前かな?
外国の写真家か何かがアフリカで飢餓にあえぐ人達を撮影した。
その中に今にも死にそうな子供にハゲタカが近寄って
死ぬのを待っているような写真が有った。

これは報道写真なんだからこれでOKなのに
その国の人達からこの写真家は責められた。
「何で助けてやらないんだ」と。




当時の私は若かったが(20代?30代?)
この写真家が責められるような点は無いことが分っていた。
なのに、一見情緒的とも思えないその外国の人達
(国は忘れたが欧米だった)
が、この写真家を責めたことがちょっと不思議だった。

今思えば彼らのレベルが低く、低い位置での正義を振りかざしていたのだな、と分る。

さて、この写真家を責めた人達。
実際に責める行動を起こした人にも、心の中で思った人にも
等しくカルマが生じました。
この場合思っただけで私は何もしてない、と言っても無駄です。
既に思ってしまったのだから。


この写真家は可哀想に自殺してしまったようだ。
彼を正義感から責めた人達のカルマは非常に重い。
ぐれんをご覧の方の中にも正義感がやたら強い人、まあまあ強い人が居るようですが
そこをひと考えてしてください。
正義感が悪いのではなくて、そのレベルの低さが悪いんです。
そのことは何度も書いて来たが、全員は分ってないようです。
正義感に囚われてはいけないんですわ。


と、思ったが魂の年齢が低い場合は、そういうつまらないことに囚われがちなのは分る。


さてカルマを背負った人達の今後です。
彼らはこの先の人生、或は来世で
「謂れの無い非難を受ける」
はずです。
その時に心のこと、精神や魂のことについての知識が有れば
大難は小難に、小難は無難に
なることでしょう。

謂れの無い非難
の中身は時代によって違いますが、中世ヨーロッパの場合なら
「お前は魔女だ」と謂れのない非難を受けた挙句火あぶりの刑とか・・・

「でも、ただ思っただけなんですよ!」と言っても、
藁に点火された後じゃあ遅いわな。


ジュネさんに拠れば私にはカルマが無いそうだ。
相当想念は悪いが、低い位置からの、無知な正義感を振りかざすことは無いから
というのも理由の一つだと思う。
良いことをする
ことに興味が無いことも理由の一つだと思う。


謂れの無い非難や差別と言われるが、今世ではなくても前世には有るのではないか?

「でも、焼き討ちにして数万人虐殺ってすんごいカルマでは無いですか?」


と、思うかもしれないが、それって「世の為人の為」ですから。
その前に何度も警告しているし。
実際に奴らのやっていたことは目に余るし・・・
です。


あの世(想念の世界)のことをこの世の物差しでは測れません。
罪の重さで言えば



無実の、善意の写真家を自殺させたこと

殲滅されてしかるべき輩を
この世から一掃して社会を明るくした



上の方が罪が重いと言えます。


Kさんから情報が来ました。

https://www.youtube.com/watch?v=3ph_IYpMpbc1:47秒ですね?

「酷い、写真を撮る暇があるならなぜ助けない」
という声があがっていたのを覚えています。

私も当時、
>この写真家を責めたことがちょっと不思議だった。
同じように思いました。




当たり前のことが分らない人が居る

というよりは



人によって当たり前のことが違うのだ、ということでしょう。

ちょっと考えれば分ることだと思いたいが、ちょっとどころじゃなくて
沢山考えても分らない人達は居るのだ、ってことでしょう。
そういう、言っても分らない連中は身をもって知ることになる。
それは今世かもしれないし、来世かもしれない。
スポンサーサイト

マリー・アントワネット展 «  | BLOG TOP |  » ORION74再送

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(62円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード