2017-08

魂の年齢

今まで、長いこと疑問に思っていたことが有ります。
それは
「何故、こんなことを言うのか」
「何故、こんなことをするのか」
「何故、こんな考え方をするのか」
「何故、こんな簡単なことが分らないのか」
ということです。
そういう結果には必ず理由や原因が有るはずなので
それを知りたいと思っていました。




その疑問への答えの一つに「魂の年齢」という考え方が有ります。
それを知って私の疑問がかなり解消されました。

一例を挙げますと、主人の母。
言うことが考え無しで幼稚なので、その原因は
生まれた時代が違うから
だと思っていたのですが、最近、ロッド鑑定により
幼児期である
と出まして、魂が幼児なので、だからああいうことを言い、このように行動するのだ、と分った。
長年の疑問が解けた。
生まれた時代が違うことも違うが、それだったら
私の母と同じような年齢なのだから、そこは同じであっても良いが
全く違っていたので、疑問だったのです。



ああ、謎が解けて良かった。



で、謎が解けた後ですが、私は幼児とマトモに付き合う気も
相手をする気もさらさらないので(判明する前からそうだったが)
これからは意識して適当に付き合おうと決めました。
それは私がそういう人間だからですw
そういう人間とは
私は奉仕者では無いということです。
もし私が奉仕者であれば、相手が幼児なら世話を焼き、面倒を見る処ですが
あいにく私は奉仕者では無いのです。
私が相手をしたい人とは
精神的に自立した人です。
さらに言うと
戦力になる人間です。


世話になったお姑さんにそれは無い



と言われても兵器、いや平気です。
私にとって「他人の意見<自分の気持ち」だからです。
主人の母の世話は主人がするのが順当なのでさせていますわ。
主人が出来ない場合は、主人の弟がするよう、主人に命令しています。
主人の弟の嫁は私と同じ性格なので、ご主人の母親の世話を何故私がしなくてはいけないか?と
きっとそう思うだろうから、主人の弟は自分の嫁に「おまえが行ってくれ」とは言わないはず。
もし言ってしまったら・・・弟が逝ってしまいそうです。ホラーです。


というわけで。

お義母さんは幼児だったんだあ・・・だからあのようなことを言ったのだし、やったのだなあ、と
思います。
まあ、凄いことを言うわけです。
腹は立たないがビックリ仰天するようなことを・・・
謎が解けることが私にとっては一番面白く楽しいことなので
なんだか最近とても楽しい♪
スポンサーサイト

頑張れ!朝日新聞 «  | BLOG TOP |  » 寂聴評

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード