2017-10

オランダの少女/Hさん

Hさんに絵を描こうと思ったら、オランダの娘が浮かんだ。
民族衣装を着た人です。
描こうと思って画像を検索。
あの衣装っていろいろあるんですね!

人物は嫌かなあ・・・と思ってオランダの風景を探したが
そちらの方はピンとくるものがなく
やはり少女の絵にしました。

幾つか有る、民族衣装の画像を組み合わせて描きました。


絵とコイン、届きました。
久しぶりの if さんの絵、嬉しいです。ありがとうございます。

届いた絵は「オランダの少女」。
「オランダ」から、真っ先に思い浮かんだのは、
チューリップでも風車でもなく、
♪オランダ坂に春の海~
という、このフレーズ。思わず口ずさんでました。
もう、30年近く前に、ラジオで聞いて耳に残っていた曲です。
(「霧の降る夕闇」 by河合奈保子) ←懐かしいっ

自分でも、何で今この曲?と思いながら、
確か、長崎をイメージした曲だったよなあ。
から始まり、
これまた、20年以上前に、
職場の先輩からもらったハウステンボスのお土産を思い出す、
までに至りました。

職場の女性全員(10人弱)へ、「木靴のキーホルダー」のお土産。
木靴の色は、「それぞれのイメージで選んだ」とのこと。
赤、青、黄、白… カラフルな木靴がみんなに渡る中、
私だけが、木目が見えて色のついていない、そのまんま木靴だったという・・・。
当時の光景が、一気によみがえりました。

なぜか、オランダから長崎。
正直、どちらも意識したことが無い場所ですが、
昔の出来事が、こう繋がるとは思いませんでした。


で、ようやく肝心の絵ですが、
この人誰だろう? 私?いや、違う。
誰だったかなあ? やっぱり私かなあ?いや、違うなあ。
でもこの人と、どこかで会っている気がするんだよなあ。
を、繰り返しています。

とにかく、眼にやられました。
瞳の色に釘付けです。
なんともいえない青い瞳。不思議な気持ちになります。
この世の人の眼なんだろうか、とも思ってしまいました。
(前に描いてもらった絵も、眼力がすごかったのですが、今回も負けてないです。)

それと、タイトルは「少女」なのですが、私には少女に見えなくて。
大人びている、というか、年齢不詳だなあ、と。
で、何の気なしに遠くから絵を眺めてみたら・・・あれ?少女に見える!
多分、眼元の見え方なんだと思います。
印象がガラッと変わる絵でもあるのですね。


あと、民族衣装が可愛い!着てみたいです。
こういう感じ、好きなんです。思い出しました。
胸元には二輪の赤い薔薇!
薔薇の花は、特に好きではないのですが、
この絵の薔薇には、なぜかテンションがあがります。


「青い瞳」と「赤い薔薇」の対比が気になっています。
あ、「ツインテール」もかな。

絵の鑑定もお願いしようと思っていますが、
自分でも色々と探ってみようと思います。
こういうワクワク、大好きです。



普通の日本人はここまでオランダの象意がやって来ることは無いので
(アタシも無いです)
Hさんはオランダに縁が有るのだと思います。
自分でロッドやカードでYES、NOで調べることが出来ます。
自力で出来ない場合は、ロッド鑑定をする人なら全員出来ますから
依頼してみてください。


それからHさんにはバラの絵を描こうかなとチラっと思ったのですが
オランダの民族衣装の胸の辺りに花の刺繍があり、
それが気に入ったので描きました。
つまりこの絵は
オランダの少女

赤いバラ
という二つのテーマを描いたものです。
まだ独身の方なら恋愛相手がすぐそこに来ているような気がします。
スポンサーサイト

イスラム教徒に寛容な国 «  | BLOG TOP |  » 絵のオマケのコイン

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード