2017-10

嫉妬する人/Nさん

Nさんから体験談が来ました。


  「嫉妬する人」の記事を読んで、羨ましいを通り越して「嫉妬」するひと
 いるだろうな・・・と思いました。
  

  この記事を読む一週間前に10年来の友人5人で飲み会をしたんですが
 その中の一番年長50代のYさんのことを「やっぱり、うっとーしぃ!」と思ってたんです。
  このYさんはズバリ嫉妬女。

  Yさんは賢い大学出ていて、海外暮らしが長く(表には出さないが自慢)
 自分が一番なので人の話を聞かない。
 自分の考えを押し通し、自分に刃向うものなら徹底的にやっつける。
  人の褌で相撲を取るなんてしょっちゅう。
 知らないことを知らないと言えない。

  また自分をよく見せたいのか「金持ちのひと」「横文字の特殊な職業のひと」「高学歴の人」を
 連れてきて‘‘私はこういう人たちとお付き合いしてるの,・・・みたいな
 ハロー効果もよくやってます。

  Yさんは表向きは美人で愛想がよく、誰にでも優しい。(人から見える優しさ)
 ちょっとやそっとでは(浅い付き合いでは)見抜けないと思います。
 10年来の友人グループでも見抜けていない人が居ます。

  
 深いところに気付かないでいたら「きっといいひと」の部類です。

  私がYさんから嫉妬を感じた場面はこんな感じです。

 たくさんありますが一例。

  最近、着物を始めた事を言うと、話は合わせるが(興味がないのもある)
 着物に興味ある友人を含めて話していると、ワザと全く話に加わってこない。

  いつもなら、知らなくても聞きかじりで私は何でも知っているってな感じで出しゃばってくるのに。
  あぁ・・これはいつものアレやな(嫉妬している)とわかるんですよ。

  自分に興味がない事も、他人がやれば嫉妬する。
 相手の出来る環境も羨ましいんだと思います。

  私の着物を始めるきっかけは「母のおさがり」とヤフオクで安く仕入れた着物。
 彼女は着物=高い・贅沢というイメージしかないんです。
 安く手に入れる方法を知らないんです。

  勝手に嫉妬の対象にされても・・・。
  嫉妬している事にさえ気づいていないか?気付いていても認めてないでしょう。

  まぁ、独り相撲がんばってやってくださいと思うしかないです。
  その人にしか分からないカタチで返ってきたものを自分で刈り取ると思うので放置です。

  私は自分のしたいと思う事を理由をつけずに、何でも始めてみて楽しんでいるだけなんです。

  人から羨ましい~とか言ってもらうためにしているのではありませんし。
 人から良く見られるため・・とか人と区別や上下をつけるための趣味ではありません。

 
  それとは対照的に高校からの友人K
 彼女はワルだったが、その当時から心根が優しくて強い。

  高校を中退し、結婚してバツイチで子ども(女)がひとり。
 根っから素直で、学歴は無いものの自分というものをしっかり持ってて
 人間として賢く生き上手。

  人を羨ましがらないし、比較もしない。
  発想が自由だし、一緒に居て面白い。

  娘を大学に通わせるために、休みなくヘルパーの仕事をしていて
 明るく、気が利くので利用者からも人気がある。

  言いたい事をズバズバ言っているのに・・でも人から好かれる。
  分かる人から見れば裏表なく、相手の事を思って言っているのが分かるからです。
  心があるから云える。
  (ifさんと似てるw)

  生活は大変だろうに、実家の一人暮らしの私の母に毎週電話をかけてくれたり
 下着や靴下を送ってくれたり。

  娘の私よりKは母に良くしてくれるますw

  毎日を賢く、楽しく生きるには学歴なんて関係なく
 「心の姿勢」が大事なんだと思います。

  ぐれんでifさんがよく普段から「学歴は関係なく思考と波動が大事」言わてますが、Kを見ているので
 そうだ、そうだといつも思うんです。



体験談有難う。
そこで「そうだそうだ」と思うだけでなく、さらに考えていくと良いです。
何でもそうですが、人の話を鵜呑みにせず、自分なるに思考しないと
考えたことにはなりません。
私は皆さんより年をとっているので、人生の先輩と言えますが
全てのことに詳しいわけでは無いし正しいわけでも無いです。

私の意見を叩き台にしてその上に自分なりの意見、説を作っていってください。
一夢庵さんの鑑定によhれば、そういうことが大事なようです。
スポンサーサイト

20年前の「宝島」の記事 «  | BLOG TOP |  » デビッド・ボウイ&マイケル・ジャクソン、彼らは日本を志向する

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード