2017-09

「大抵のことは分る」と思っている

世の中には自分が「大抵のことは分る」と無意識に思っている人が多い。
特に中年以上の人、おばちゃんw

皆さんに評判の悪い職場の50代のおばちゃんはその典型ですかね。
60代のおばちゃんの評判があまりネットに載らないのは
職場に居ないから、ですかね。
その代わり今度は家庭板に姑として登場しているようですが・・・
それから私た見たところ40代で既にそうなっていますよ。

若い頃はマットウだったのに或る年齢に達した途端分からず屋になる
ということは有り得ず、それまでの人生で既に分からず屋だったのです。
分らず屋は分からず屋同士で親しくなり、彼らだけの「常識」の中で生きる分には
自分の分らなさに気づくことは出来ない。

気づくにはそこに異質なものが来なければならない。
あ、気づくと書いたが、それでもなお気づかないのです。
異波長のモノ(ヒト)と出会うだけです。
そしてお互いに不快になる。
この時、不快になった原因を探れば良いが、大抵の人はそれをしない。
その代わり「相手を非難(批判)して終わる」わけです。
せっかくの学び(自分が分からず屋である、ということを知ること、悟ること)の
チャンスをふいにするわけです。


上に書いた通り、分からず屋の人はそれまでの人生、ずっと分からず屋で来たわけで
或る年齢からいきなり分からず屋になるわけでは無いので
40代で既に「モノの分らない迷惑なおばさん」になっている人は普通に居るし
30代で既に「その兆候が表れている人」は多い。
ただ、若い人は経験が少ないので
「自分は大抵のことは分る」と、無意識に思えないのでまだマシです。


通い慣れた職場、自分の家庭、顔見知りしか居ないご近所、
自分が出た学校の同級生、旧友、親戚・・・
どれをとっても「知っている人やモノやコト」ばかり。
既にそれらを知っているのだから大抵のことは分るわけですよw
そして人はだんだん新しいことに挑戦しなくなります。
面倒だ、億劫だ、それをしなくても生きていける、そんな余裕はない
からですね。

でも、それらは表面上の理由で、根本の理由は
精神の老化
つまり、新しいことを受け入れなくなっている
のです。
そして自分がよおおおおおく知っているコト、モノ、ヒトの中で生き、
無意識に(自分は大抵のことは分る)と思い込むわけです。


言っておくが、これは若い頃から始まっている。
人は誰でも自分が知っていること、分っていること
はある。
ただ、分ってないことが有る
という意識もある。

これは図にした方がいいな。
作れないけどw
10代
20代
30代
40代
50代
60代
と6種類の年代を設定。

対象を知っている
対象を知らない
これらを要素として設定。

そして図か表を作れば一目瞭然なのですが・・・(アタシは作れません(笑


と、いうワケで
「自分は大抵のことは分る」と無意識に思っている人を観察すれば
そう考えていることが傍から見て分ります。
(※即座に分ることもあれば長い観察の結果分ることもあるし
   そういう人を100%分る、見分けられるわけでもないが
   分ることが出来るという意味です)


自分が無意識に「自分は大抵のことは分る」と思っていれば
「分るために○○しましょう」「分っていこう」という言葉を見ても
それは(自分には必要ない)と、無意識に判断するので
そういう人は分っていけない、という理屈は分りますよね。

30代で既にその傾向は出て来ます。
(それまでは実際分らないことが多かったが、個人差はあるがどこかの時点で
  分らないこと<分ること
  となる)
私が見たところその逆転する時期って35歳くらいかなあ、と思います。
(と、言っても20代が全員謙虚だというのではなくて
  分らないこと>分ること
  ではあるが分ることがどんどん増えてくる、という意味です。
  そしてこの分る、の意味ですが「知る」ということです)

霊能者が
「25歳になると周囲の人は誰もその人に注意しなくなる」
と言ってまして、鋭いな、と思いました。
ってことは25歳(社会に出て10年足らず)で既にその兆候は表れているってことですかね。


上に書いたことを総合すると
20歳(世の中分らないことだらけ)
25歳(世の中のことを分り始める/誰も注意しなくなる)
35歳(逆転して「大抵のことは分る」になる)
40歳(分からず屋がはっきりしてくる)
50歳(「五十の坂」に到達/分る人と分らない人との分岐点)
60歳(10年経過して五十の坂を超えた人と超えなかった人とがハッキリする)
って感じですかね。
今、ちょっと考えただけなのでこれが私の説ということでも無いのですが。
スポンサーサイト

富士山 «  | BLOG TOP |  » 「分る(悟る)」のは日常生活から

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(52円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード