FC2ブログ

2014-04

空に浮かぶ黒い輪(英国)

追記有り(4/21)

空に浮かぶ黒い輪(英国)


この記事を見たTさんから報告が有りました。

英国上空の黒い雲の記事、見ました。

実は、9年前2005年秋夕方、
ネズミーランドで、
同じような黒い雲の写真を撮っていました。
1枚ですが。(写真を携帯で撮っています。)

ぽっかり浮かんで、ゆっくり流れているようでした。
場所的に、アトラクションで飛ばしたものかとも、思っていましたが、
1つだけ、意味不明でした。
他に気がついている人はいなかったような・・・。

使い捨てカメラで撮影し、
おまけに数年後プリントアウトしたため、
他の写真の色もかなり不安定。

黒い雲

本当に人間の記憶とはあいまいで、
私は、黒く四角の雲、
息子は、白く丸い雲、
とそれぞれ記憶していました。

この後、電車で帰ったのですが、
2人とも頭痛がひどくて、
空いた席に滑り込むように座らせてもらい、
大変だった記憶あります。
(人ごみに疲れたかも)

英国のにそっくりだったと思い出して写真を探してみました。
本当に、なんだったのか。



英国のほうは今年の4月11日(つい最近!)の事件ですが
Tさんは2005年に目撃したんですね。

同じようなものが9年の時を経て出現・・・
これは異次元のものだと思うので、多分この世界の時間は関係ないのだと思う。
「それ」はいつでも現れることが出来るのではないか、と思います。

Tさん、トンデモ情報有難う!

スポンサーサイト



前世探し/Hさん

Hさん(男性)は絵のお客さんなのですが、前世探しをしています。
とは言っても真剣に探すというのではなくて、余興、楽しみの一つとしてですが。

過去2回の絵のリーディングにて、
「学者とか軍師とか哲学者だった過去生があり、頭脳明晰らしいです。」
という結果でした。

今生では、その自覚・片鱗ともに微塵もなく、悲しい事この上なしですが、
そのリーディング結果をもとに、色々と調べ物をしたりしているうちに、
幾つか興味深い事柄があり、今回の絵にそれに関連するものが反映されたら嬉しいです。

自分の中の感覚や、認識だけでは到底辿り着けない、示唆や気付きを前回も前々回も頂戴しておりますので、
今回もやはり期待してしまいますが、上記以外の何か別のものでも、
冗談みたいなお気楽な絵でも一向に構いません。


だいぶ省略してありますがHさんからメールです。
依頼文なのでプリントアウトしてプレゼントを選んでいたら、小子が文面をちょっと盗み見て
「文章が軍師や学者だろw」と笑っているんですよ。
「こら!」勝手に見るな。

それから絵のリーディング結果などを基にして数回やり取りをしました。
で、Hさんが思っている前世の自分はギリシャ時代の哲学者なのですが
複数の人にそうなのか、と調べてもらったら
YES

NO
と結果が分れました。
前世を
体積体験有りの場合だけを前世と定義する人

アカシックレコードからダウンロードして自分のものにした人も入れる人
とが居るのです。

その人の定義の仕方の違いです。
なので元が同じでも鑑定する人、チャネラーのそれぞれの定義によって
YESと出たりNOと出るのです。


面白そうなので私の下手なロッドで見てみたら
Hさんが思っているギリシャの哲学者である、と出ました。
念のためにカモワンでも見てみたらやはりYESと出ました。
ただ、この時に「体積体験有りの」と限定しませんでした。
(済みませんねえ、仕事が粗くて)


その後、Hさんが絵を送信してくれたので「シマウマ」の絵の人だと分りました。
このシマウマの絵は何とも情けない顔をして諦めて「YES」とため息をついているというもので
Hさんはショックを受け、私は大笑いしました(ゴメン!)

で、この絵のことを思い出してまた笑っていたら
唐突に「スキピオ・アフリカヌス」という人名が浮かんだ。
なのでHさんの前世だろうか?と思ってカモワンで見てみたら
YES
と出ました。

わあ、カモワンまで・・・、何かすいません!
そしてスキピオ・アフリカヌ~ス!!


・・・・う、誰だそれは?
すいません、本当に学がないのですよ(泣

サクッとネットで調べてみました。
いやぁ、インターネットって本当に素晴らしいですね!!!

ほうほう、あのハンニバルを倒した英雄なのですね。
全く今の自分に関係していると思えません(大泣
ハンニバルの方は少しだけ知っていました。何てこったい。

そして、将軍としての英雄っぷりもすごい人のようですが、
やっぱり「ギリシャの某哲人」が絡むみたいです。

・本人(以下、「大」)も孫の方(以下、「小」)もギリシャ好きだった。
大は衣服もギリシャ風の着こなしでいたため、民衆は批判的だったみたい。

・大は精神世界に傾倒し、チャネラー体質だった節がある。無敗は神のお導きゆえ?

・キケローの著作「国家論」で、小が大(既に他界している)の夢を見る
エピソード(「スキピオの夢」)があり、
大から魂の事や宇宙論などが語られ、併せてプラトンの著作から大々的に引用がなされています。
某哲人の代表的な著作に「国家」があります。
自分は読んだことないですが(うん、やっぱりね)、似たようなテーマの著作であると考えられ、
キケローの意図的な引用の可能性も高いと思いますが、とても面白いエピソードと思います。

某哲人本人が前世でなくても、何かつながってる感じがしますね。

「死者が蘇える」って単純にこういう事なのでしょうか?
思い出して(これも某哲人絡みだ)過去の記憶もパラレルも統合が進んでいく、みたいな感じ。

5月の「お話し会」に参加致します。初めてです。
Sさんの某哲人のリーディングにもすごく大きい示唆があって、
マサトさんの世界と近づいているのではないかと勝手に感じていたためです。


今回の絵の依頼は、会の前に何か面白いヒントがもらえればな、と思ったのが主要な動機なのですが、
色々と進展が早すぎて面食らってしまいますね。
某哲人って真面目に調べてると一生掛かりそうなんですよ。
相似象の対向発生的なメカニズムもある程度理解し実践していた節もありますし。
チーム・某哲人とか、宇宙人だったんじゃないかと思うくらいの知性と情報量。

繰り返しになりますが、絵については、何でも思いついたものをお願い致します。

某哲人もアフリカヌスも少しずつですが、調べていきます。
あ、そういえばジュネさんに直接面談でリーディングしてもらった事があるのですが、
「あなたはアフリカと縁がある」とはっきり言われました!
場所じゃなくて人だったんですかねw。色々本当に面白いです。




アフリカヌスというのは多分称号で、アフリカを平定した、という意味で
皇帝だか元老院だかがつけたのではないかな。
だからアフリカは大いに関係有りますよ。
だから・・・・・・・シマウマの件は、Hさんが今世、ホントどうしようもない世界に
生きなくてはならないのでうんざりしているのだ、とも言えますが
前世のヒントを表していたのだ、とも言えるんですよ。
なのでシマウマの情けない顔を見てもあまりガッカリしないでね♪
それからゆみさんが絵を読んだら「地中海」という言葉が出たそうで
古代ローマ時代にはアフリカと言えば地中海沿岸地域だったのだから
やはり、皆、或る程度アカシックレコードからの情報を得ているのだと思います。


と、いう記事を書いたら「アセンション・コーチング」の天戸さんが書いてました。
スキピオちゃん
これを読むとスキピオもかなりガッカリして溜息をついたようです。
あちゃ~~~

素人が玄人を超える時代

M2さんから。

ifさん、こんばんは。M2です。

先日うちの会社の組合が主催する講習会に参加しました。
企業は営利集団なので、ほとんどがプレアデスと思います。
憶測かも知れませんが、自己の利益が最優先。そんな先入観があります。
で、うちの会社の組合が主催する『××』と言う講習会があったので、
どんな内容なのかと興味を持ち、参加してみました。

自分の感情をどの様に保つことで、自己の精神的な安定を図り、
部下や家族など周囲の人の精神的な不安に対処するかと言う内容でした。
内容としてはなかなか面白かったんですが、
どうしても『知識にとどまる』、『イのレベル』であって、
ミに着けられるかどうかまでは各自にゆだねられている感じでしたが
予想に反して興味深い内容でした。


講習の最後で、講師の方が無作為に講習の感想を聞くときに、
不覚にも目が合ってしまい、真っ先に指名されました
(無駄に目立ってしまうようで、こういうことが少なからずあります)。
講習の内容は『知識として』獲得することができたので
それを咀嚼して『身に着ける』ことができるかどうか
今後の努力次第なので頑張りますと答えて、案に『イに着けるだけでなくミに着ける』こと
を強調しておきました。

たぶん、講師の方もイメージとして『イ』と『ミ』は意識されているようでした。
わずか半日の講習ではそこまでは踏み込めないので、そこは割り切っているように見えました。


多分その講師先生は経験から知識だけ入れても、まあ、無駄?くらいには思っているのでしょうが
それを言ったら、この仕事は無くなるので、ダメもとでやっているのではないかな。
さらに言うと、その講師先生はそれらのことを経験から知ってはいるが
それを説明するための知識や情報はなく、感覚的に自分だけで分っていたとしたら
それは他人に説明できるものでは無いです。
M2さんも「イメージとして」と書いてますが、イメージを言語化するのは
至難の業であります。

このように、話を聴く聴講生の方が講師を超えてしまうケースは
ネットの発達とともに着実に増えているはずなので
先生方も本気で勉強しないと追い越されてしまいます。
実際にこのセミナーではM2さんがはるか先を行っちゃってるわけで
その先生内心(むむむむ!おぬし出来るな!)とうろたえたのではないか。

老人相手に講演会をするのなら良いが会社員相手(ネット民が潜入しています)
の講演会は心してかかった方が良いですね。
でないと返り討ちに遭います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

CURRENT MOON

if

Author:if
FC2ブログへようこそ!

お知らせ

年賀状はお断りしています★★ただいま絵の注文は受け付けていません★★冊子「ORION'S GATE」販売中★★支払は絵と同様、金券、切手(62円・82円)などOKです★★絵の依頼はメールでのみ受け付けます★★入金完了の報告は要りません■■■メールはgermania他リンク先のお店に問い合わせてください

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード